TAKARA ESTATE
宝エステート株式会社
会社概要 社長あいさつ 業務内容 所有・管理物件 採用情報 交通アクセス リンク お問い合わせ HOMEへ
 
市況環境
   世界的な金融の混乱は日本の不動産マーケットにも及び空室率の上昇、賃料水準の下落傾向が続いており依然として厳しい状況です。
このような環境のなかで、当社は、市場や事業を取り巻く外部環境の変化を敏感に読み取りながら、スピードと柔軟性をもって着実に
事業に取り組むとともに、経営の効率化と収益力の強化を図っております。

経営計画
 土地神話の崩壊に伴い不動産を廻るパラダイム転換が進行する中、デベロップメントを今後の事業展開の核として位置付けました。
キャッシュ・フローをベースとした企業価値の向上、より高い付加価値を実現する為のコラボレーション経営の2つを経営の基本方針
として企業価値の向上を図っております。

事業戦略
   当社では、安定的なキャッシュ・フローを獲得するアセットビジネスと、自己資本効率を上げるノンアセットビジネスを融合させ、
ビジネスチャンスの拡大を図ります。ビル事業では、既存ビルの商品特性等を踏まえた戦略的な営業に努めることはもちろん、リニュ
ーアルによる競争力の維持と、管理コスト削減による収益性の向上を図ってまいります。事業ポートフォリオは、デベロップメント事業
を強化、資産ポートフォリオに関しては収益性の低い資産の見直しを図り、最適化を目指してまいります。

企業の社会的責任について
   企業に求められる責任は近年高次化し、企業倫理やコンプライアンスに加え企業市民としての社会貢献、環境リスク低減への努力など、
多方面に渡るようになりました。当社ではコンプライアンスにおいて最も大切なのは意識の変革であると促え、コンプライアンスは企業
利益の基礎であり、コンプライアンスなしには企業の永続的発展はないという意識を徹底しております。良き企業市民として企業の社会
的責任を果たしてまいります。

    宝エステート株式会社 代表取締役  宝エステート株式会社 代表取締役 宮田順次
Copyright(C) 2005 TAKARA ESTATE Co.,Ltd. All rights reserved.